うつ病撃退!太陽光の効果的な浴び方

太陽の光を浴びると

「セロトニン」という

幸せホルモンが脳内に生成され、

心のバランスを整えてくれます。

 

 

 

 

逆にセロトニンが不足すると、

 

不安や緊張を感じやすくなったり、

イライラしたり、

憂鬱な気持ちになったりします。

 

 

今日は、

メンタルを強くしたい人に向けて、

理想の太陽光の浴び方について

書いていきます。

 

 

 

 

①朝、起きた時に浴びる!


朝日を浴びることで

副交感神経(体が半覚醒の状態)から、

交感神経(覚醒状態)へ

切り替えることができます。

 

脳や自律神経、筋肉が自然に覚醒し、

スムーズな1日がスタートします

 


2030分間が目安


長く浴び続ければいい

というものではありません。

 

太陽光を浴びる時間が長すぎると、

脳の自己抑制機能が働き、

かえってメンタル面を

弱らせてしまうことがあります。

 

 

③太陽の光の強さに合わせる


朝と昼、夏と冬、晴れの日と曇りの日

で太陽の光の強さが変わってきます。

時間や天候、季節によって

浴びる時間を調節してください。


メンタル強化の作用は、

お日さまの光を浴び始めて

5分程度で始まります。

 

冬の曇りの日でも、

長くて1時間程度で充分です。

 

 

④紫外線対策をしてから

 

49月は特に紫外線が強い時期です。

紫外線対策を行ってから

太陽光を浴びましょう。


1
日の中では、正午を挟む数時間が

最も紫外線の強い時間帯です。

この時間帯の太陽光は避けましょう。

 

太陽光を浴びるのに

一番適した時間帯は朝です。

 

出来る限り、

朝日を浴びるよう心がけましょう。

 

 

浴び貯めNG


「昨日浴びれなかったから、

今日は倍浴びよう!」

そんな浴び貯めはかえって逆効果。

 

脳の自己抑制機能が働き、

かえってメンタル面が

弱ってしまうこともあります。


適度に心地よく

コツコツ浴びることが秘訣です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

太陽の光を浴びて、

スッキリした1日をはじめましょう!